• 資料番号005-100111

資料名日本造船技術百年史

製作年代 1997年(平成9年)5月13日 発行
製作者 日本造船学会(現、日本船舶海洋工学会)
形式 499頁
寸法 B5版(257mm x 182mm)、厚さ 30mm

(1)日本造船学会(現、日本船舶海洋工学会)は1897年(明治30年)に造船協会として創立され、1997年(昭和42年)に創立100周年を迎えた。その記念事業の一つとして「日本造船技術百年史」の編纂が企画された。本書は、日本造船学会の百年間の活動を軸として日本造船技術百年の発達の足跡をふりかえり、それを記録に残し後世に伝える役割を担うものである。

(2)「日本造船技術百年史」の内容概要は次の通りである。本書は、1895年(明治28年)から1995年(平成7年)までの100年間を5つの時代に区分して第Ⅰ部から第Ⅴ部とし、各部において性能、強度、建造、設計、機関、海洋技術の分野別に章立てした構成になっている(詳細は下記PDF「目次」参照)。

日本造船学会の沿革
第Ⅰ部 日本造船技術の揺籃期1895年~1910年(明治28年~明治43年)
第Ⅱ部 日本造船界の勃興期1910年~1930年(明治43年~昭和5年)
第Ⅲ部 帝国海軍時代と太平洋戦争1930年~1945年(昭和5年~昭和20年)
第Ⅳ部 世界一の造船国への道1945年~1970年(昭和20年~昭和45年)
第Ⅴ部 技術立国の造船技術1970年~1995年(昭和45年~平成7年)
第Ⅵ部 年表
第Ⅶ部 写真集

目次

(3)参考図書
日本船舶海洋工学会は、創立120周年(1897年(明治30年)造船協会創立)記念事業の一環として、創立100周年時に出版した「日本造船技術百年史」以降の20年間の技術動向および学会事業について記録するため、「船舶・海洋工学技術史(1996~2015)」を編纂・発行した(2017年(平成29年)3月31日発行)。
本書全文が日本船舶海洋工学会ホームページに掲載されている(下記よりリンク)。

船舶・海洋工学技術史(1996~2015)

ページの一番上へ