日本産業巡航見本市協会「さくら丸」写真集

1)主要目(竣工時)
Loa x Lpp x Bmld x Dmld x dmld = 157.00m x 145.00m x 21.00m x 11.90m x 見本市航海6.60m/移民往航8.00m/移民復航8.60m, 総トン数=12,628T, 載貨重量=見本市航海5,801t/移民往航9,116t/移民復航10,626t, 主機=三菱長崎7UEC75/150型ディーゼル機関x1基(連続最大出力:9,800BHP), 航海速力=見本市航海17.9kts/移民往航17.1kts/移民復航16.8kts, 旅客定員=見本市航海152名/移民往航952名/移民復航480名, 船級=NK

2)本船概要
日本製品の輸出振興を目的とした「日本産業巡航見本市協会」の見本市専用船として1962年に竣工。1962年11月12日から翌年3月6日にかけ行われた中近東・アフリカ方面への巡航見本市船第4次巡航より就航。見本市期間以外は大阪商船(株)のチャーターにより北米・南米航路で移民船として運航(移民用に仮設ベッド設置)。

大阪商船「あるぜんちな丸」(二代目)写真集(その2)

1)主要目
Loa x Lpp x Bmld x Dmld x dmld = 156.48m x 145.00m x 20.40m x 11.90m x 8.70m, 総トン数=10,864T, 載貨重量=10,480t, 主機=三菱神戸ウエスチングハウス蒸気タービンx1基(連続最大出力:9,000SHP), 航海速力=16.4kts, 旅客定員=一等:12名/ツーリスト(二等):82名/三等:960名, 乗組員=121名

2)本船概要
第13次計画造船。南米向け移民船。
「ぶらじる丸」(二代目)(1954年(昭和29年)7月10日竣工)の姉妹船として計画されたが、要目面では変更があり最大の変更は主機関で、「ぶらじる丸」(二代目)のディーゼル機関ではなく、本船では蒸気タービン機関が採用された。

大阪商船「あるぜんちな丸」(二代目)写真集(その1)

1)主要目
Loa x Lpp x Bmld x Dmld x dmld = 156.48m x 145.00m x 20.40m x 11.90m x 8.70m, 総トン数=10,864T, 載貨重量=10,480t, 主機=三菱神戸ウエスチングハウス蒸気タービンx1基(連続最大出力:9,000SHP), 航海速力=16.4kts, 旅客定員=一等:12名/ツーリスト(二等):82名/三等:960名, 乗組員=121名

2)本船概要
第13次計画造船。南米向け移民船。
「ぶらじる丸」(二代目)(1954年(昭和29年)7月10日竣工)の姉妹船として計画されたが、要目面では変更があり最大の変更は主機関で、「ぶらじる丸」(二代目)のディーゼル機関ではなく、本船では蒸気タービン機関が採用された。

大阪商船「ほのるる丸」写真集

1)主要目
Loa x Lpp x Bmld x Dmld x dmld = 156.13m x 145.00m x 19.40m x 12.50m x 9.20m, 総トン数=9,371T, 載貨重量=11,949t, 主機=三菱神戸スルザー9RSAD76型ディーゼル機関x1基(連続最大出力:12,000BHP), 航海速力=17.4kts、旅客=12名, 船級=ABS&NK

2)本船概要
第13次計画造船。はばな丸型同型船(はばな丸、ほのるる丸)の第2番船。

大阪商船「ぼんべい丸」写真集

1)主要目
Loa x Lpp x Bmld x Dmld x dmld = 137.53m x 128.00m x 17.60m x 10.20m x 8.20m, 総トン数=7,009T, 載貨重量=10,019t, 主機=三菱神戸スルザー7SD72型ディーゼル機関x1基(連続最大出力:5,250BHP), 航海速力=14.2kts, 旅客=4名, 船級=NK

2)本船概要
自己資金建造船。めるぼるん丸型を改良して建造された貨物船で、ボンベイ・カルカッタ方面の定期航路に就航。

大阪商船「はんぶるぐ丸」写真集

1)主要目
Loa x Lpp x Bmld x Dmld x dmld = 151.00m x 140.00m x 19.20m x 12.30m x 9.12m, 総トン数=8,973T, 載貨重量=11,681t, 主機=三菱神戸スルザー7RSAD76型ディーゼル機関x1基(連続最大出力:9,300BHP), 航海速力=16.6kts, 旅客=12名, 船級=ABS&NK

2)本船概要
第13次計画造船。もんてびでお丸型同型船(もんてびでお丸、はんぶるぐ丸)の第2番船で、欧州(西航)定期航路に就航。

大阪商船「まどらす丸」写真集

1)主要目
Loa x Lpp x Bmld x Dmld x dmld = 137.53m x 128.00m x 17.60m x 10.20m x 8.15m, 総トン数 = 6,829T, 載貨重量=9,804t, 主機=三菱神戸スルザー7SD72型ディーゼル機関x1基(連続最大出力 : 5,250BHP), 航海速力=14.7kts, 旅客=4名, 船級=ABS&NK

2)本船概要
自己資金建造船。めるぼるん丸型同型船(めるぼるん丸、まどらす丸)の第2番船で、航海速力14ノットの中速貨物船として建造され、「めるぼるん丸」は豪州航路に、「まどらす丸」はインド・パキスタン航路に就航。

大阪商船「らぷらた丸」写真集

1)主要目
Loa x Lpp x Bmld x Dmld x dmld = 151.11m x 140.00m x 19.20m x 12.30m x 9.10m, 総トン数=8,722T, 載貨重量=11,501t, 主機=三菱神戸スルザー9RSD76型ディーゼル機関x1基(定格出力 : 8,500BHP), 航海速力=16.25kts, 旅客=12名, 船級=ABS&NK

2)本船概要
第10次計画造船。らぷらた丸型同型船(らぷらた丸、ぶえのすあいれす丸)の第1船。本船は、ふいりぴん丸型よりやや小型の貨物船で、南米航路用に建造された。

大阪商船「ふいりぴん丸」写真集

1)主要目
Loa x Lpp x Bmld x Dmld x dmld = 156.22m x 145.00m x 19.40m x 12.50m x 9.12m, 総トン数 = 9,183T, 載貨重量=11,583t, 主機=三菱神戸スルザー10RSD76型ディーゼル機関x1基(定格出力 : 9,500BHP), 航海速力=16.5kts, 旅客=12名, 船級=ABS&NK

2)本船概要
第10次計画造船。ふいりぴん丸型同型船(ふいりぴん丸、ありぞな丸)の第1船。

大阪商船「ぶらじる丸」(二代目)写真集(その2)

1)主要目
Loa x Lpp x Bmld x Dmld x dmld = 156.00m x 145.00m x 19.60m x 11.90m x 往航8.20m/復航8.70m, 総トン数=10,101T, 載貨重量=往航8,707t/復航9,882t, 主機=三菱神戸スルザー10RSD76型ディーゼル機関x1基(定格出力:9,000BHP), 航海速力=16.5kts, 旅客定員=一等:12名/ツーリスト(二等):68名/三等:902名, 乗組員=118名

2)本船概要
第9次後期計画造船。南米航路移民船。
本船主機は、新三菱重工が新たに開発した、三菱神戸スルザーディーゼルエンジン10RSD76型の生産第1号機。

ページの一番上へ